くまもと健康スポーツガイドセレクト

文字サイズ

SKS

理事長挨拶

一般財団法人熊本市社会教育振興事業団は、昭和60年12月に財団法人として設立され、これまで熊本市総合体育館・青年会館をはじめとする熊本市の社会体育施設と社会教育施設の管理運営を通して、「心とからだの健康づくり」を基本理念に、市民のスポーツ及び文化活動の振興を図っております。

 当事業団は、皆様のおかげをもちまして設立32年目を迎えることができました。平成26年4月1日から熊本市の体育施設の指定管理者の第3期目を迎え、また公益法人制度改革関連三法の法律に基づき、一般財団法人へ移行いたしました。一般財団法人としての新たな指定管理期間も、引き続き施設の特徴と機能を活かし、各世代の人々が心豊かなふれあいができるようなスポーツ及び文化活動を推進するとともに、各種教室やイベントなどを通して市民の皆様が気軽に健康づくりや文化活動に取り組めるような地域に開かれた施設として、積極的な利活用を図ってまいります。

 そのような中、私たちは、近年の社会環境の大きな変化と少子高齢化の進展に向き合い、「子どもの体力低下傾向と体力格差」「生活習慣と健康」「高齢化社会と健康」といった健康課題に対し、積極的に取り組んでおります。

 私たち一般財団法人熊本市社会教育振興事業団は、ご利用いただく皆様の多様なニーズに対応していくため、常におもてなしの心を持ち、地域コミュニティの拠点施設として、スポーツと運動を通じた元気支援や文化活動支援を継続して行うことで、市民の皆様の心身の健全な発達と明るく豊かな市民生活の形成に貢献してまいります。

 今後とも、当事業団への一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。